blogの整理を通してAnsibleのベストプラクティスや環境毎に変更しないと行けない項目を学べたので、 以前準備した開発環境のリポジトリも整理しなおした。

またvagrant provision ${target_vm}をすると対象VM以外も一緒にプロビジョニングされてしまう問題があったので対応した。

続きを読む

Vagrant + Ansible で既存環境構築のコード化を行った。CDはしてない。 以前から放置していたのが気になっていて、気楽に改善できるようにするために実施した。

目的が環境の可搬性向上なので作成後にはPacker対応を試してみた。 しかし利用しているAnsibleのロールが動かなかったため諦めて、 ここまでについて記録することにした。

利用したミドルウェアやツールに関して調べたことは個別に書く。 Vagrant, Ansible, Makefileで繋げた部分をメモする。

続きを読む

ZeroMQで遊んでいたらPub/Subに限りトランスポートプロトコルにPGM(RFC3208)を選択できる事を知った。

PGMUDPと同じトランスポートレイヤのプロトコルで動作するマルチキャストを提供する実験的なプロトコルで、 実装にはOpenPGMがある。 Blackduckをみると2011年頃には開発が止まっている。

EPGMはPGMUDP埋め込んだプロトコル

PGMの利用にはマルチキャストをサポートするデバイスを使って通信する必要がある。 だがループバックデバイスはマルチキャストをサポートしていない。

ifconfigで確認している図。マルチキャストはサポートされていなかった。 ifconfigで確認している図。マルチキャストはサポートされていなかった。

しかし他の仮想デバイス(enp0s9, …)はサポートしていた。 そこで現在のVMをコピーして内部ネットワーク内に2台起動している状態を作る事にした。 今の設定の時点で”public_network“を使っているため単純に2台起動するだけで仮想マシン間で通信可能になるが、別の機会に活かすためプライベートネットワークの設定も調べた。

続きを読む

プロフィール画像

Masumi Kanai

quantum mechanism and exact-WKB
news site
distributed storage
stream processing

software engineer

Japan