DDDに憑かれて

綺麗な設計とか大事だと思っているものの、教条的になりたくないと思ってる。 だったけれど色々あってDDDを調べたり関連事項を整理した

メモしようと書き始めたらアーキテクチャとかインフラとかと繋げる部分を自力で整理できなくて、思いの外ものすごい時間を使った。 とりあえずアプリケーションの設計論とか綺麗なコーディングとかへの思いは解消したので、好きな方面な勉強とか思いついたツールの実装とかに戻ろうと思う。

今後やること

いまでも関心は分散処理,DB,OS,アルゴリズム,負荷分散,ネットワークに偏っている。 ただ最近は勉強よりも実装する方が楽しそうだなぁと思ってきた。

なので、勉強だと分散処理の鉄板の教科書を読み通す。 整理するのはインメモリDBとNewSQLあたり(HyPerTiDB,F1,SpannerそしてFoundationDB)を書くくらいにしたい。 これは、むかし調べたりしてたことがあるので思い出したいため。 どちらかというとOSSへのコントリビュートを頑張りたい。

OSSへのコントリビュートは過去に1回やったものの続かなかった。 そして今年は、仕事でも趣味でもPRやパッチを送れそうな問題は見つけられるのに面倒で送らず終い。 手元でパッチを当てて対処したまま放置している。

やらないと世界が広がらないと最近は特に痛感している。 時間がかかっても続けられる習慣を作りたい。 (どう作るかは計画がないけど)

あとは4月に子供が生まれるので子育てと家事の効率化は必死に頑張る。必死に頑張る。

comments powered by Disqus