鱒身(Masu_mi)のブログ

知った事をメモする場所。

Haskell開発環境を作る

Haskell動作環境を作ったのでメモとして残しておく。

Haskell環境を準備する

homebrew でghc, cabal-install を導入する。

$ brew install ghc cabal-install
$ cabal install cabal-install
$ cabal install happy
$ cabal install ghc-mod —dry-run
$ cabal install ghc-mod
$ cat ~/.bashrc
function add_path {
  if test -d $1 && test `echo ${PATH} | /usr/bin/env grep -v $1` ; then
    export PATH="$1:${PATH}"
  fi
}
add_path "${HOME}/.cabal/bin"
export LD_LIBRARY_PATH="${LD_LIBRARY_PATH}:/usr/local/lib:/usr/lib"

Vim にプラグインを導入する

とりあえずQiita を真似て導入した。

NeoBundle 'dag/vim2hs'
NeoBundle 'eagletmt/ghcmod-vim'
NeoBundle 'eagletmt/neco-ghc'

使ってみる

ghc, ghci を使ってみる。

ghci: REPL環境を試す

REPL環境は大事だ。

$ ghci
GHCi, version 7.8.3: http://www.haskell.org/ghc/  :? for help
Loading package ghc-prim ... linking ... done.
Loading package integer-gmp ... linking ... done.
Loading package base ... linking ... done.
Prelude> 10 ** 5
100000.0
<C-d>

ghc コンパイラを試す

Hello Worldを書いて実施する。

main = putStrLn "hello, world"
$ ghc ./hello.hs
$ ./hello
hello, world